刑事事件弁護士があなたの力になります

刑事事件で弁護士に依頼するメリット

示談にするために

刑事事件の中でも、被害者が存在する犯罪では、示談を検討する必要がありますので、刑事事件に強い弁護士に無料相談するメリットが大きくなります。具体的に被害者が存在する刑事事件とは、暴行罪や傷害罪、強制わいせつ罪、強姦、痴漢などの性犯罪全般、窃盗や詐欺、横領罪などが挙げられます。

示談が成立した場合には、被疑者であれば不起訴処分となる可能性がありますし、被告人であれば、判決に際して減刑を期待することができます。起訴・不起訴の判断や、実刑か執行猶予をつけるのかという判断に際して、示談成立は考慮材料となるというわけです。検察官や裁判官は、示談のほかにも社会的影響や、犯罪の計画性、悪質さ、前科前歴の有無、生い立ちなどを総合的に考慮して、起訴・不起訴や執行猶予などについて判断しています。

示談交渉のタイミング

示談が成立していても、厳しい処分や処罰が下される場合もあります。しかし、一般的には、被害者に示談金が支払われ、被害者が被疑者の処分を望んでいない場合には、寛大な処分や処罰になる傾向があります。そして、対象となる犯罪によって、示談のタイミングは異なります。一概に、交渉は早ければ早いほどよいとはいえません。それらのタイミングを熟知しているのが、刑事事件に強い弁護士となります。

示談のタイミングについては、被害者の気持ちを最優先に考えなければいけません。家族を殺された家族に、まだ大切な家族を失った現実感がなく、深い悲しみにある状態で、示談を持ちかけるということは、あまりにも非常識です。お金による解決を受け入れてもらえるはずがありません。一方、窃盗罪などの場合には、被害者側も早い段階での示談交渉を望んでいる場合が多くなります。

刑事犯罪の場合は法律のプロである弁護士へ

このように事案によって示談交渉を始めるタイミングを見極める必要があり、そのタイミングを任せられるのが弁護士となります。タイミングを間違えてしまうと、二度と示談交渉の席についてくれない場合もありますし、あまりにも示談を急ぎ過ぎた場合には、誠意を感じてもらうことができず、相手に嫌悪感・不快感を与えてしまいます。 痴漢事件の場合には、早期に示談を成立させることによって、不起訴処分となり前科がつかなくなります。痴漢だけでなく、盗撮などの性犯罪に関しても、示談交渉にできるだけ早く着手することが重要となります。刑事犯罪の示談の場合には、重要かつデリケートな問題を含みますので、示談交渉に長けている法律のプロに依頼することが重要となります。

最新投稿

  • 鍵、窃盗

    窃盗の刑事事件の体験談

    冬の夜、部屋に人影が… 5年ほど前ですが、家屋への侵入と窃盗未遂の被害にあった刑事事件の体験談です …

    続きを読む...

  • 成人式、振袖

    弟の刑事事件の賠償を家族で負担した体験談

    弟の成人式で… 弟が成人式の際の「伝統」で刑事事件を起こし、その賠償金を家族で支払った体験談です。 …

    続きを読む...

  • インターネット、SNS

    ネットでの交流が刑事事件に発展した体験談

    SNSで知り合った友人が… インターネットのトラブルが刑事事件にまで及んだ私の体験談です。 私はイ …

    続きを読む...

  • 泥棒、窃盗

    実際に起こった刑事事件の体験談

    家に誰かの気配が… 私は20代の会社員です。私の刑事事件の体験談は家に強盗が入った時でした。 私は …

    続きを読む...